検索
  • S.TAKAYUKI

What a feeling of helplessness.


What a feeling of helplessness. Eleven years ago, when the tsunami hit the Tohoku region of Japan, we in Kyushu were helpless to do anything. Eleven years later, Russia invaded Ukraine. 11 years ago, it was a natural disaster. Eleven years ago, it was a natural disaster, but this time it was a military invasion.

Black missiles rained down on the homeland of my dear friend.

We Japanese know (through the disaster) that under the rubble are living people.

-We have to stop this.

If we don't do something, what can we do? The feeling of helplessness that I cannot do anything is overtaking me again.

To the people of Russia.

This is the country that produced Andrei Tarkovsky, Dostoevsky, Tchaikovsky, and Rachmaninoff. I cannot understand how that country became barbaric.

My only hope is that anti-war demonstrations are taking place all over Russia.

Please, I hope that we can return to a country that can be proud of its great artistic predecessors.

I hope that peace will come to Ukraine as soon as possible.


なんという無力感。今から11年前、日本の東北地方に津波が襲いかかったとき、九州に住む私達は何もできずに、無力感にさいなまれた。あれから11年たった今、ロシアという大国がウクライナに侵攻した。11年前は自然災害だった。しかし今回は軍事侵攻だ。

私の大切な友人の祖国に、黒いミサイルが降ってきた。

瓦礫の下には生身の人々がいることを、私達日本人は(震災を通じて)知っている。

-やめさせないと。

なんとかしなければ、なにができるのか。なにもできないという無力感がまた私を襲っている。

ロシアの人々へ。

アンドレイ・タルコフスキーやドストエフスキー、チャイコフスキーやラフマニノフを輩出した国です。その国がどうして野蛮になったのか理解できません。

たった一つの希望は、ロシア各地で反戦デモが起こっていることです。

どうか、偉大な先人の芸術家たちに誇れる国に戻ってほしい。

一日も早くウクライナに平和が訪れることを願っています。


#StandWithUkraine

#PrayForUkraine

#NoWarInUkraine

#SunflowerFromJapan

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示